手術費用

手術費用のご案内

耳の日帰り手術

手術名 3割負担 備考
鼓膜切開術 2,070円
鼓膜チューブ挿入術 8,010円
鼓膜形成術 54,300円
鼓室形成術1 104,000円 耳小骨温存術
鼓室形成術2 153,990円 耳小骨再建術

※上記の費用に、診察料・薬剤料・処方料などが加算されます。

鼻の日帰り手術

手術名 3割負担 備考
鼻腔粘膜焼灼術(レーザー) 8,730円 両側
鼻中隔矯正術(内視鏡下) 19,860円
粘膜下下甲介骨切除術(内視鏡下) 19,860円 片側
内視鏡下鼻・副鼻腔手術I型 10,800円 片側
内視鏡下鼻・副鼻腔手術II型 36,000円 片側
内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型 74,730円 片側
内視鏡下鼻・副鼻腔手術IV型 96,240円 片側

※上記の費用に、診察料・薬剤料・処方料などが加算されます。

お支払い方法

お支払は、現金のみとなります。

限度額適用認定証・高額療養費制度について

便利な限度額適用認定証

病気・怪我によって医療費が一定の自己負担額を超えた場合、その超過金が支給される制度として、「高額療養費制度」があります。
ただ実際には、ご自身に適用されることを知らずに申請ができていないケースも見られます。そういったことを避けるために取得をしておくと便利なのが、「限度額適用認定証」です。
限度額認定証を医療機関の受付窓口に提示することで、支払う金額が自動的に高額療養費制度の限度額までに留められます。
特に手術のご予定などがある方は、医療費が高額になる可能性が高く、取得しておくと良いでしょう。
国民健康保険の方は市役所や区役所で、社会保険の方は加入している保険組合で、それぞれ申請が可能です。

高額療養費制度の適用区分

同じ月に一つの医療機関で支払った自己負担額が、以下の表の「自己負担限度額」を超えた場合、その超えた額が支給される制度が「高額療養費制度」です。
支払い後にご自身が加入している保険者に申請すると、払い戻しが受けられます。
高額療養費制度は基本的に「払い戻し」による支給です。限度額適用認定証を取得しておき受付で提示することで、高額な一時的負担をせずに済みます。

被保険者の所得区分 自己負担限度額 ※多数該当
区分ア
標準報酬月額83万円以上の方
252,600円+(総医療費-842,000円)X1% 140,100円
区分イ
標準報酬月額53~79万円の方
167,400円+(総医療費-558,000円)X1% 93,000円
区分ウ
標準報酬月額28~50万円の方
80,100円+(総医療費-267,000円)X1% 44,400円
区分エ
標準報酬月額26万円以下の方
57,600円 44,400円
区分オ
被保険者が市区町村民税の非課税者等
35,400円 24,600円

※直近の12か月で高額療養費の支給を受けた月が3か月以上ある場合には、4か月目から「多数該当」の扱いとなり、表のように自己負担限度額が減額されます。

医療保険について

各保険会社が取り扱う医療保険にご加入されている患者様は、当院での治療にもその医療保険が適用されることがございます。
ご加入されている保険会社との契約内容をご確認いただきますよう、お願いいたします。

ご予約専用番号050-5433-1208 WEBでの順番予約  お問い合わせ専用番号 072-990-3387
一番上に戻る
ご予約専用番号050-5433-1208 お問い合わせ専用番号072-990-3387
一番上に戻る