慢性中耳炎・真珠種性中耳炎の手術(日帰り)

慢性中耳炎の場合どんな手術をするの?

慢性中耳炎に対する保存的治療で十分な効果が得られない、鼓膜に穴が残ってしまう、難聴が残ってしまうという場合には、「鼓膜穿孔閉鎖術」「鼓膜形成術」「鼓室形成術」といった手術を行います。
当院では、鼓室形成術においても、局所麻酔下での日帰り手術が可能です。

鼓膜穿孔閉鎖術

手術内容

浸潤麻酔の上、人工コラーゲンを鼓膜の穴に挿入し、その再生を促す外来手術です。
浸潤麻酔とは、麻酔液を浸したガーゼによる麻酔処置です。

手術の流れ

顕微鏡で観察した上で浸潤麻酔を行い、鼓膜の穴に人工コラーゲンを挿入します。人工コラーゲンが鼓膜の再生を促します。
麻酔に5~10分、鼓膜の閉鎖も5~10分で終了します。

効果

手術後、すぐに聞こえが良くなり、効果をご実感いただけます。

鼓膜形成術

手術内容

鼓膜形成術入り口から皮下組織を小さく切り取り、鼓膜に張りつける手術です。
鼓膜穿孔閉鎖術無効例や中等度以上の穿孔を対象としております。
※手術痕は外からは見えにくい場所であり、目立ちません。

手術の流れ

局所麻酔下で耳内から、皮下組織を5ミリほど切り取ります。組織の形を整え、鼓膜に張りつけ、閉鎖します。その後、次第に鼓膜が再生していきます。
麻酔を含めて30分~程度で終了します。

効果

術後は綿の詰め物の代わりにゼリー状の詰め物をしますので、数日間は詰まったような感覚が残ります。1週間後にご来院いただきますが、そのときにはゼリーがほぼ溶けていますので、聞こえが良くなっています

鼓膜形成術でよくあるご質問

すぐに手術を受けることは可能ですか?

鼓膜形成術は、局所とはいえ麻酔を伴う手術です。手術前検査や手術説明、またご家族のご同意も必要ですので、すぐに、というわけにはいきません。

手術時間はどのぐらいですか?

鼓膜形成術は、麻酔を含めて30分~1時間程度で終了します。

手術中や手術後に痛みはありますか?

組織採取の際に注射の麻酔を行いますので、その時に痛みを伴います。ただし極小の針で注射をし、痛みを和らげる配慮はいたしております。手術中に痛みが出ることは少ないですが出た場合は追加で麻酔を行い極力痛みのない手術を心がけております。手術後に痛みが出ることは、ごく稀です。念のため、鎮痛剤、抗生剤を処方いたします。

術後、気を付けることはありますか?

一時的なめまいが起こることが稀にありますが、通常は一晩眠れば治まります。風邪をひくと治りが遅くなりますので、体調管理には気をつけてください。
また、手術後48時間以内は、鼻がみ、鼻すすり、血圧の上がるような運動は避けてください。その他の日常生活レベルの活動は問題なく行っていただけます。

鼓室形成術

手術内容

鼓室形成術鼓膜形成術で完治が見込めない場合ないし、大きな穿孔で奥の音を伝える骨(耳小骨)にも長期炎症の影響がある場合には、より繊細な技術を要するは鼓室形成術を行います。鼓膜・耳小骨を含め、中耳の空洞とその機能を修復する手術です。

 

手術の流れ

局所麻酔下で行います。基本的に耳内より内視鏡を用いて、内視鏡で届かなければ耳の後ろのつけ根から切開を加え、鼓室の清掃、炎症・感染のもとを取り除いた上で、耳小骨や鼓膜を再建します。耳の後ろのつけ根を切開すると、傷跡が目立つのでは?と思われがちですが、目立たないようにシワや影になる部分に沿って切開を行い極力目立たないように配慮いたします。
手術時間は、内視鏡で行う場合には1~1.5時間、耳の後ろから切開を加える場合は1.5~2.5時間が目安です。

効果

鼓室に詰めたゼリー状の詰め物が溶けるまで2~3週間はかかりますので、その間は耳が詰まったような感覚が残ります。ゼリーが溶けるに従って、聞こえが良くなっていきます

鼓室形成術でよくあるご質問

鼓室形成術だと入院が必要なところが多いですが、なぜ日帰りが可能なのでしょうか?

私は、大学病院においても局所麻酔での鼓室形成術を行ってきました。めまいなどの影響が出る部位を極力避け、病変のみを除去できるよう、安全な日帰り手術に努めております。
海外では、クリニックレベルでも局所麻酔下での鼓室形成術が行われております。高い技術と安全を確保する知識・設備があれば、可能であると考えますし、大学勤務医時代においてもそのことを実現して参りました。ただし、病変の進展が高度な場合は日帰りでの対応が困難となるケースもございますのでその点は術前での画像を含めた諸検査で精査させていただきます。

日帰りで鼓室形成術を行うメリット・デメリットを教えてください。

まだまだ日本では一般的に、鼓室形成術は入院・全身麻酔で行うものですが、生活スタイルを維持したまま手術を受けられることが、日帰りでの最大のメリットと言えます。
デメリットとしては、他の日帰り手術においても言えることですが、手術当日の夜を医師や看護師の近くで過ごせない、ということだと思います。

手術時間はどのぐらいですか?

内視鏡で行う場合には1~1.5時間、耳の後ろから切開を加える場合は1.5~2.5時間を目安としてください。

手術中や手術後に痛みはありますか?

最初の耳の中や耳の周囲に注射で行う麻酔は痛みを伴います。極力極細の注射針は用いるようにはしております。
その注射が終われば、通常痛みは感じませんが仮に手術中に再度痛みを感じた場合には麻酔を追加し、痛みのない状態で手術を受けていただけるよう配慮しております。
手術後も、痛みが出ることがあります。鎮痛剤、抗生剤を処方いたしますので、我慢せずにご使用ください。

術後、気を付けることはありますか?

手術後、一時的なめまいが起こることがあります。通常は一晩眠れば治まりますが、もしも翌日もめまいが続いている場合にはご連絡ください。風邪をひくと治りが遅くなりますので、体調管理には気をつけてください。
また、手術後48時間以内は、鼻がみ、鼻すすり、血圧の上がるような運動は避けてください。その他の日常生活レベルの活動は問題なく行っていただけます。

ご予約専用番号050-5433-1208 WEBでの順番予約  お問い合わせ専用番号 072-990-3387
一番上に戻る
ご予約専用番号050-5433-1208 お問い合わせ専用番号072-990-3387
一番上に戻る