急性中耳炎

子どもがかかる割合が断然多い急性中耳炎

6.1.急性中耳炎は、圧倒的にお子さまに起こりやすい耳の病気です。お子さまに起こりやすいことについては、以下のような理由があります。

風邪をひきやすいから

まだ免疫が不完全であり、お友達や兄弟間の身体的接触も多く、急性中耳炎の原因である風邪によくかかります。

耳と鼻をつなぐ耳管の構造的問題から

耳と鼻をつなぐ「耳管」が、お子さまの場合は水平に近くなっています(大人の場合は、耳に向かって急な上り坂)。また耳管の形状も太く・短いため、鼻のウイルスや細菌が中耳に飛びやすく、炎症を起こす可能性が高まります。

アデノイドが大きいから

お子さまは、耳管の近くにあるアデノイドが大きいため、風邪をひいたときにその肥大したアデノイドに鼻水がたまります。鼻水に潜むウイルス・細菌が耳管を通して中耳に飛び、炎症を起こす可能性が高まります。

鼻をかむ習慣が身についていないから

お子さまは、大人ほどティッシュなどで鼻をかむ習慣が身についていません。ついつい鼻を吸ってしまい、ウイルス・細菌を含む鼻水を奥に追いやってしまいます。そうすると、風邪や急性中耳炎のリスクが高まります。
※鼻がみが身についていないお子さまには、適切な鼻のかみ方を指導いたします。

どうして急性中耳炎になるの?

急性中耳炎は、上気道炎(風邪)をきっかけとして、ウイルス・細菌が耳管を通して中耳に移り感染・炎症を起こすことで発症します。

こんな症状があると急性中耳炎の可能性が…

こんな症状があると急性中耳炎の可能性が…以下のような症状が見られるときには、急性中耳炎を起こしている可能性があります。

  • 耳の強い痛み
  • 耳だれ
  • 発熱

小さなお子さまの場合

言葉で症状を伝えられない小さなお子さまの場合、以下のような仕草、様子にも気をつけてあげてください。

  • 耳を触って気にしている
  • 不機嫌な様子が続いている
  • 食欲がない

中耳炎を繰り返すのはなぜ?

中耳炎を繰り返すのはなぜ?繰り返す中耳炎は多くの場合、アデノイドが大きいことに起因しています。アデノイドが大きいと、風邪をひいたときにそこに鼻水がたまりやすく、ウイルス・細菌が耳管を通して耳へと飛ぶ可能性が高まります。
アデノイドや扁桃の大きさは、遺伝にも左右されるため、お父さんまたはお母さんが過去にアデノイド切除の手術を受けたことがある場合は、アデノイド肥大を疑うこともあります。
その他、稀ではありますが、免疫不全によって中耳炎を繰り返してしまう方もいらっしゃいます。

急性中耳炎の治療法は?

急性中耳炎の治療法は?まずは保存的治療です。ガイドラインに沿った適切な範囲内で抗生剤を使用し、炎症を抑えます。
保存的治療で十分な効果が得られない場合には鼓膜切開術、鼓膜切開術を行っても繰り返し急性中耳炎が起こる場合は鼓膜チューブ挿入術を行います。

鼓膜切開術、鼓膜チューブ挿入術で生じる鼓膜の穴について

鼓膜切開術、鼓膜チューブ挿入術で生じる鼓膜の穴について「鼓膜切開術」「鼓膜チューブ挿入術」では、治療直後は鼓膜に穴が生じます。鼓膜は再生能力の高い器官ですので、ほとんどの場合、自然に塞がります。
ただ、耳だれを放置したり、適切な切開・事後処置ができていないと、鼓膜に穴が残ってしまう可能性があります。
当院では、穴が残るのを防ぐため、鼓膜の切開時には穴周辺の硬くなったところを取り除くなどして、鼓膜の再生を促す工夫をしております。

ご予約専用番号050-5433-1208 WEBでの順番予約  お問い合わせ専用番号 072-990-3387
一番上に戻る
ご予約専用番号050-5433-1208 お問い合わせ専用番号072-990-3387
一番上に戻る