鼻中隔弯曲症の手術(日帰り)

鼻中隔弯曲症の場合どんな手術をするの?

鼻中隔弯曲症の治療は、鼻中隔矯正術が第一選択となります。

鼻中隔矯正術

手術内容

局所麻酔下で、左右の鼻の穴を仕切る「鼻中隔」から、病的に曲がった軟骨だけを取り除く手術です。

急性中耳炎病態

鼻中隔弯曲症病態

急性中耳炎治療後

鼻腔形態改善術後(鼻中隔矯正術+両側下鼻甲介切除術)

手術の流れ

局所麻酔下で、鼻の穴から粘膜を切開し、粘膜を残し、病的に曲がった軟骨だけを取り除き、鼻中隔をまっすぐにします。軟骨を取り除いたところは瘢痕化し、強化されます。
麻酔に5分、手術は30分~1時間程度で終了します。

効果

翌日にご来院の上詰め物を取り除き、それからしばらくはかさぶたができた状態です。2~3週間後には、かさぶたが取れ、鼻詰まりの改善を実感していただけます。

鼻中隔矯正術でよくあるご質問

手術時間はどのくらいかかりますか?

麻酔に5分、手術に30分~1時間程度かかります。

手術中や手術後に痛みはありますか?

局所麻酔は、一番細い針を使って注射しますが、その際に少し痛むことがあります。針を刺す直前には必ずお声掛けをするようにしております。その後は痛みなく手術を受けていただけます。
手術後に痛みが起こることはごく稀です。

手術のリスクや合併症など、どのようなものがありますか?

鼻中隔の軟骨を過剰に取り除いたために鼻が低くなる「鞍鼻(あんび)」が起こることがあります。
当院では、必要な軟骨のみを正確に取り除き、そのリスクの排除に努めております。

術後、気を付けることはありますか?

強い鼻かみ、鼻すすりは我慢してください。
また、血圧が高くなるような激しい運動、肉体労働は、48時間程度は控えてください。デスクワークは翌日から復帰していただけます。

ご予約専用番号050-5433-1208 WEBでの順番予約  お問い合わせ専用番号 072-990-3387
一番上に戻る
ご予約専用番号050-5433-1208 お問い合わせ専用番号072-990-3387
一番上に戻る