扁桃炎・咽喉頭炎

扁桃炎

扁桃炎喉の奥にあるリンパ組織が集まったものが扁桃腺です。扁桃炎は、その扁桃腺で炎症が起こっている状態です。

急性扁桃炎と慢性扁桃炎がある

扁桃炎には、急性扁桃炎と慢性扁桃炎があります。

急性扁桃炎

いわゆる「のど風邪」の初期の状態です。主に細菌の感染によって、扁桃腺に急性の炎症が起こります。
急性扁桃炎を繰り返すことで、扁桃の中に細菌の巣のようなものが生じ、慢性化すると慢性扁桃炎となります。

慢性扁桃炎

急性扁桃炎が慢性化したものです。慢性化すると、抗生剤が効きにくくなることもあります。

主な症状

喉の痛み、リンパ腺の腫れなどが生じます。扁桃は血流量が多いため、発熱などの全身症状も伴います。

扁桃炎の治療法は?

急性のうちに抗生剤を使用し、短期間での治癒を目指します。膿瘍が生じた場合(扁桃周囲膿瘍)には、切開の上での排膿が必要になります。

咽喉頭炎

咽喉頭炎咽頭・喉頭に炎症が起こっている状態です。細菌感染を原因とするか、ウイルス感染を原因とするかによって、治療法が異なります。

急性咽喉頭炎と慢性咽喉頭炎がある

咽喉頭炎には、急性咽喉頭炎と慢性咽喉頭炎があります。

急性咽喉頭炎

細菌、ウイルスの感染によって起こります。

慢性咽喉頭炎

急性の咽頭炎・喉頭炎が長引き慢性化して起こります。また、喫煙などによる粘膜への刺激も慢性化の原因となります。

主な症状

急性咽喉頭炎の場合、喉の痛み、発熱、リンパ腺の腫れ、嗄声(声がれ)などを伴います。慢性化すると、痰も多くなります。
その他、耳閉感、難聴などの耳の症状を伴うこともあります。

咽喉頭炎の治療法は?

咽喉頭炎の治療法は?ウイルス感染を原因としている場合には、うがい、マスクの着用、口腔ケアに努めていただき、安静にしていれば症状が和らぎ、改善に向かいます。ウイルスはある一定以上の湿度では生存できないため、うがいやマスクは非常に有効です。
発熱があり細菌感染が疑われる場合には、短期間の抗生剤投与を行い、早期治療に努めます。

ご予約専用番号050-5433-1208 WEBでの順番予約  お問い合わせ専用番号 072-990-3387
一番上に戻る
ご予約専用番号050-5433-1208 お問い合わせ専用番号072-990-3387
一番上に戻る