その他の耳の病気

好酸球性中耳炎

ほとんどの好酸球中耳炎は、好酸球性副鼻腔炎の合併症として起こります。そのため、耳だれ、難聴、耳閉感といった耳の症状の他、鼻詰まりの症状を伴うことがあります。

原因

主に好酸球性副鼻腔炎の合併症として起こります。
好酸球性中耳炎だけが単独で発症することはごく稀です。

治療法

好酸球性副鼻腔炎の続発的な病気なので、好酸球性副鼻腔炎の治療を行います。また多くの場合、喘息を伴っているため、その治療も必要です。
好酸球性副鼻腔炎・喘息のコントロールを行いながら、耳の環境を改善することが重要です。

外耳炎

外耳炎鼓膜の外側、耳介や外耳道で炎症が起こっている状態です。耳の痛み、腫れなどを伴います。

 原因

耳かきや耳を触ったことによる外傷、虫刺され、湿疹などが主な原因です。

治療法

症状の程度にもよりますが、軽度の場合には外来での耳の洗浄、ご自宅での点耳薬の使用で治療します。
よほどひどい場合には、抗生剤も使用します。

内耳炎

内耳炎内耳で炎症が起こっている状態です。内耳は、平衡感覚を維持する機能を備えているため、難聴の他、ふらつき、吐き気、めまい、耳鳴りなどの症状を伴います。

原因

主に、中耳で起こった炎症が移行して内耳炎が起こります。

治療法

めまい、聴力低下が起こっている場合には、それらの症状が残らないように早い段階でステロイドを使用します。
感染が認められる場合には、抗生剤も併用します。

耳硬化症

音の振動を内耳に伝える「アブミ骨」という骨が固着する病気です。
難聴、耳鳴り、めまいなどの症状を伴います。

原因

明らかな原因ははっきりわかっていませんが、遺伝、麻疹の潜伏感染、女性ホルモンのバランスの乱れが原因な関係しているのではないか、と言われています。また、妊娠によって症状が悪化することがあります。

治療法

治療は手術によって行われます。固着したアブミ骨の底の骨に小孔を開け、人工のアブミ骨を設置します(アブミ骨手術)。症状の大幅な改善が期待できます。
当院では、内視鏡によるアブミ骨手術を、局所麻酔にて、日帰りで行っております。

ご予約専用番号050-5433-1208 WEBでの順番予約  お問い合わせ専用番号 072-990-3387
一番上に戻る
ご予約専用番号050-5433-1208 お問い合わせ専用番号072-990-3387
一番上に戻る