急性中耳炎・滲出性中耳炎の手術(外来)

急性中耳炎(繰り返す場合)・滲出性中耳炎の場合どんな手術をするの?

急性中耳炎で保存的治療では十分な効果が得られない場合、滲出性中耳炎に対する通気治療などで効果が得られない場合、鼓膜を切開して滲出液を排出する「鼓膜切開術」を行います。
「鼓膜チューブ挿入術」は、切開した鼓膜が塞がらないよう小型チューブを挿入し、一定期間、滲出液の排出を促し続ける手術です。主に、急性中耳炎を繰り返している場合、鼓膜切開術では改善が見込めない、鼓膜切開術を繰り返しても改善が見られない場合に行います。

鼓膜切開術

手術内容

浸潤麻酔の上で、鼓膜に切開を加え、滲出液を排出させる外来手術です。
浸潤麻酔とは、麻酔液を浸したガーゼによる麻酔処置です。

急性中耳炎病態

急性中耳炎病態

急性中耳炎治療後

急性中耳炎治療後

手術の流れ

顕微鏡で観察した上で浸潤麻酔をし、痛みを最大限取り除いた状態で、鼓膜の安全な部位に切開を加え、滲出液を抜きます。
麻酔に5分、切開そのものは1~2分で終了します。

効果

手術後、すぐに効果をご実感いただけます。耳閉感や難聴が改善されます。

鼓膜チューブ挿入術

手術内容

浸潤麻酔の上で、鼓膜に切開を加え、そこに小型の鼓膜チューブを設置することで、常時滲出液の排出を促す外来手術です。
浸潤麻酔とは、麻酔液を浸したガーゼによる麻酔処置です。

滲出性中耳炎病態

滲出性中耳炎病態

滲出性中耳炎治療後

滲出性中耳炎治療後

手術の流れ

顕微鏡で観察した上で浸潤麻酔をし、痛みを最大限取り除いた状態で、鼓膜の安全な部位に切開を加え、滲出液を抜きます。切開により生じた穴に、小型の鼓膜チューブを設置します。
麻酔に5分、切開とチューブの挿入は1~2分で終了します。

効果

手術後、すぐに効果をご実感いただけます。耳閉感や難聴が改善されます。
ほとんどの方は違和感なく鼓膜チューブをご使用いただけますが、あまりにも気になるという場合には、抜去します。

急性中耳炎・滲出性中耳炎の手術についてよくあるご質問

小さい子どもでも鼓膜チューブ挿入術はできるのでしょうか?

お子さまの鼓膜チューブ挿入術の場合、入院の上での全身麻酔で行うところが多いようですが、大学病院では外来で数多くお子さまへの鼓膜チューブ挿入術を行ってきましたので、意思疎通が図れる場合はお子さまとの信頼関係を構築しながら、局所麻酔下で行っております。ただし、やはりどうしても拒否されてしまい外来では施術困難な場合がございますので、その場合は全身麻酔対応可能な施設へ紹介させていただいております。

痛みはありますか?

麻酔液に浸したガーゼによる浸潤麻酔で、手術中や手術後に痛みが極力出ないように努めます。勤務医時代にも数多く経験してまいりましたが、場合によっては多少の痛みを伴うこともあります。ただしが殆どは静止可能なレベルであり、痛みが出た場合は追加で麻酔薬を加え極力無理しない形をとっております。念のために鎮痛薬や抗生剤を処方することも可能です。

術後、気を付けることはありますか?

手術当日から、お風呂に入ったり、シャワーで頭を洗っていただいて構いません。
ただし、手術後48時間以内は、鼻がみ、血圧の上がるような運動は避けてください。その他の日常生活レベルの活動は問題なく行っていただけます。

ご予約専用番号050-5433-1208 WEBでの順番予約  お問い合わせ専用番号 072-990-3387
一番上に戻る
ご予約専用番号050-5433-1208 お問い合わせ専用番号072-990-3387
一番上に戻る