ドクター小西の紹介

ドクター小西のごあいさつ

こんにちは。八尾市にある「こにし耳鼻咽喉科」院長の小西 将矢(こにし まさや)です。
「中耳炎」と聞いて多くの方がまず思い浮かべるのは、“耳が急に痛くなって熱が出る中耳炎”ではないでしょうか。小さなお子様によく見られるこの耳の病気は、「急性中耳炎」です。
しかし、中耳炎に分類される耳の病気には、それ以外にも「滲出性中耳炎」「慢性中耳炎」「真珠腫性中耳炎」、難治性のものでは「好酸球性中耳炎」というものもあります。
これらの中耳炎一つ一つ、原因や症状、そして治療法が異なります。初期にはほとんど症状がないもの、重篤な病気へと進展する可能性のあるもの、病気の特徴もさまざまです。急性中耳炎の症状を知っているだけでは、なかなか気づけません。実際、受診が遅れたために、症状が悪化してしまうケースも少なくありません。
そこで、さまざまな中耳炎についてよく知ってもらい、適切な治療を少しでも早く、一人でも多くの方に受けていただきたいという想いで、このサイトを立ち上げました。中耳炎の種類やその特徴、手術の適応範囲、症状別に疑われる耳の病気などを分かりやすくまとめております。

お薬を使った治療で改善が見られない場合には、基本的に手術を検討しなければなりません。当院では、中耳炎に対する日帰り手術をこれまで数多く行って参りました。一般的には入院・全身麻酔が必要になるケースでも、当院であれば局所麻酔での日帰り手術が可能です。
そもそも当院を開業するにあたって、身近なクリニックで高度な日帰り手術を受けていただきたい、と考えておりました。そのための設備を導入し、そのための技術を培って参りました。最先端の検査機器、正確な診断、手術における細やかで高度な技術、そして適切な局所麻酔が当院の日帰り手術を支えています。
局所麻酔での日帰り手術は、患者様の身体へのご負担を最小限に抑えます。また、日常生活を阻害しないという意味でも“低侵襲な治療”と言えます。手術後は少し休んでから、健康状態を確認できれば、そのままお帰りいただけます。
中耳炎は、早期に適切に治療を行えば、決して怖い病気ではありません。しかし、放置してしまうと、日常生活に支障をきたすような症状の悪化も懸念されます。
少しでも「おかしいな」と感じたときにこそ、相談しやすいクリニックでありたいと考えております。どうぞ皆さま、お気軽にご来院ください。

院長 小西 将矢(こにし まさや)

小西先生にインタビュー

中耳炎治療においての“方針”や“こだわり”を教えてください。

大病院や大学病院で耳鼻咽喉科医として特に複雑な構造を有し、繊細な機能の持つ耳の治療分野に力を入れて知見を深め、技術を磨いて参りました。繊細な器官であるが故に機を逸してしまうと大きな機能障害を残してしまいます。適正な治療を適正なタイミングで行うことで、機能障害を残さず治癒することにこだわっていきたいと思っております。

お子さんの診察の際、特に心掛けていることはありますか?

感覚が鋭い耳であるが故に、耳は触られるのは大人でも怖いものです。まずはその恐怖心を払拭してもらうこと、そこには信頼関係が必要です。信頼関係の構築は時に一筋縄ではいきませんが、耳の診察がそんなに怖いものでないことがわかれば心を許してくれると信じて診療に当たっております。とはいえ時に危険な時は押さえる時もありますが、できるだけ恐怖心を抱かさないようには心掛けております。

高度な日帰り手術を短時間かつ低侵襲にて行えるのはなぜなのでしょうか?

国内外で病態の知見を深め・治療の技術を磨いてきたことは耳の日帰り手術をするに当たっての大きな礎となっております。

手術を受けられた患者様との思い出に残るエピソードはありますか?

多くの方はこちらの理想通りに治癒して行かれます。第一線を学ぶために一流施設で学んできましたが、一流施設でも患者様が全員理想通りに治癒していくわけではありません。治癒して笑顔の患者様を送り出す瞬間は医者冥利に尽きますが、上手くいかず落胆される患者様の表情こそが僕の脳裏に焼きついております。上手くいかなければ再手術となるわけですが、その分付き合いも長くなるわけです。望ましくはないですが長年かかってようやく治癒を迎えた患者さんで、僕を信じてついて来た甲斐があったと言っていただけた時ほど医者冥利に尽きるものはありません。

中耳炎の日帰り手術において、今後の目標や展望を教えてください。

医療技術の進歩は、手術の低侵襲化にも繋がっております。欧米ではクリニックレベルで一般化しつつある耳の日帰り手術を日本でも病院レベルで実践して参りました。欧米同様、クリニックレベルでも十分対応可能なことをさらに実践して参りたいと思っております。

最後に中耳炎でお悩みの方にメッセージをお願いします

痛みの出ない慢性中耳炎は耳だれや難聴が主体であり、ともすれば様子を見てしまいがちです。早期であれば、手術の必要もなく保存的な治療で治癒状態に持っていける事も可能ですし、たとえ保存的な治療で治癒が望めなくても低侵襲な日帰り手術で機能を失うことなく治癒へ持ち込めることも可能です。長引く耳だれや難聴でお悩みのかたは一度ご相談ください。

ドクター小西の手術実績

ご予約専用番号050-5433-1208 WEBでの順番予約  お問い合わせ専用番号 072-990-3387 日帰り手術相談受付
一番上に戻る
WEB順番予約 日帰り手術相談受付
一番上に戻る